nhead01

Homenanvanとは

nanvanとは

ご宿泊の方全員朝食無料!

ご宿泊の皆様に朝食バイキングを無料サービスしております。

01-01

人気のマグロの漬けが食べ放題
朝食でお出しするマグロの漬けは、親会社船元福一漁業から直接仕入れしております新鮮マグロです。
その他、焼きたてパンや和洋の日替わりメニューなどをご用意しております。

~ お客様の声 ~
とても美味しく、食べ過ぎてしまいました。
                        (40代女性、家族旅行)
無料の内容とは思えないくらい、充実していました。
                        (30代男性、ビジネス)

 

快適なアクセス!

東名焼津インターより1
新東名藤枝岡部インターより7分    JR焼津駅より7

01-02

125台収容可能無料駐車場完備!
大型車やバスもOKの広い駐車場です。

※大型車・バスでご利用の方は、事前にご予約ください。

~ お客様の声 ~
高速道路から主要道路から近く、便利でした。
                   (50代男性、ビジネス)
夕食の食事処を案内してもらい、送迎もしてもらえました。
                   (60代女性、カップル)

 



 
 

真心を込めたおもてなし

01-03

「パーソナルコンシェルジュ」宣言
お客様一人ひとりへのきめ細やかなサービスをモットーに、お客様から前回頂いたご要望にあわせたおもてなしを心がけております。

~ お客様の声 ~
いつ誰から接客されてもすばらしい接客をしてくれます。
                   (40代女性、ビジネス)
朝の挨拶とお見送りのおかげで、気持ち良く出かけられました。
                   (20代男性、ビジネス)

 

広くて明るい客室

シングルルームは16㎡と広々としたお部屋です。

01-04

~ お客様の声 ~
他のホテルに宿泊すると、ベッドが合わないせいか
  腰を痛めてしまうのですが、ベッドの質が良かったので
  ゆっくり休むことができました。(50代女性、カップル)

 



当ホテルでは建物と周辺の環境改善に力をいれています

当ホテルでは建物と周辺の環境改善に力をいれています
地中に炭を埋め、マイナスイオンを発生させる
「炭埋」(たんまい)
【炭埋(たんまい)とは】
建物の地下に炭を埋めることにより、マイナスイオンの豊富な環境を作り出します。
これにより大地と人間に活力を与えます。


 

こだわり

敷地内にコンビニ
01-06ホテル駐車場横徒歩30秒程度の場所に、コンビニがございます。
ご滞在中やご出発前のお買い物にお役立てください。
 

コミック5000冊無料読み放題
01-07お子様連れのお客様に人気のコミックコーナーには、5000冊のコミックをご用意しております。
24時間無料でお部屋にも持込可能ですので、ぜひご利用ください。
 


女性のお客様が快適に滞在して頂くために
01-08当ホテルでは、入浴剤やクレンジングなど基礎化粧品を無料でプレゼントしております。
また、ナイトスチーマーやマッサージクッションなどがご利用いただける女性のお客様限定のプランもご用意しております。
 

POLA製シャンプーなど
01-09当ホテルのシャンプー類はポーラ製エステロワイエを採用しております。
余分な皮脂・角質を除去する作用だけでなく、髪や肌にうるおいを与え乾燥を防ぐ効果がございます。

 


迎賓館で使用のベッド
01-10当ホテルでは、迎賓館でも使用されている高級ベッドを採用しております。
耐圧分散性に優れたつくりとなっているため、心地良くお休みいただけます。
 

選べる枕サービス
01-11当ホテルでは、お客様の好みに合った枕でゆっくりお休みいただけるよう6種類の枕をご用意しております。
実際に見てさわって、お好みの枕をお選びください。

>詳しくはこちら


“nanvan”の由来とあらまし

 
ship当ホテルの”nanvan”は、親会社である福一漁業株式会社がまだ個人経営であった時代(江戸時代)にその屋号がなんばん(南蛮)であったことから名付けられました。

なんばん(南蛮)は遠く江戸宝永2年(1705年)から漁業を営み、南蛮(東南アジア)から流れてくる流木に付いている魚を漁獲することに長けていたことから、なんばんと呼ばれるようになりました。

またローマ字のnanvanは平成17年のホテルオープンの際、親会社に敬意を表しnanvanの頭文字から”navigation and vanguard”(航海の開拓者、先駆者)という意味を新たにもたせたものでございます。

私どもはお客様が疲れを癒すことのできる停泊港として、快適なひと時を過ごせますよう努めてまいります。

03-02

03-02 03-02
03-02